FC2ブログ

市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【私的音楽評】No.64 ニシセレクト19 担当ニシトオル

20090609160437982s_20100511143417.jpg


ああ青春の“醒めモヤ感”

今回のテーマは五十過ぎのオッサンが取り上げるには少々気恥ずかしいです。
まあ、こっちのモンダイなんだけどね。

教室の写真


えーっと。

たとえば
昼休みの教室で、クラスのリーダー格が熱く“団結”を呼び掛けていて、
それを眺めていると急に自分だけが醒めちゃう。そんな経験ないですか?

たとえば
部活動をさぼって、誰もいない家でひとり再放送のテレビを見ていて、
頭の片隅では“いけないなあ”と思っている。そんな経験ないですか?

ワタクシは経験があります。
思い出すと恥ずかしいなあ。

まわりとの距離感がつかめなくなって立ち止まっちゃう。
その時の醒めた感じとかモヤーっとした感じとか、
そんな“醒めモヤ感”は、若い頃の特権だと思います。
もしそんな若者が身の回りにいても、いじめちゃダメですよ。
彼らは無気力ではなく、むしろ繊細なパワーを持っているのです。
ですから、ほっといて、そして待ってあげてくださいね。

さて、今回取り上げるミュージシャンは「相対性理論」なんです。

ファンの方々には異論があるかもしれませんが、ワタクシにとっては“醒めモヤ感”を表現しているバンド。
この“醒めモヤ感”って微妙で再現が難しいと思うのですが、相対性理論は見事です。
だってさ、五十過ぎのオッサンをはるか昔にタイムスリップさせたもの。

サウンド面は70年後半から80年代を彷彿させます。
そこにボーカルの声質やら歌い方やら、一見投げやりな歌詞も相まって、“醒めモヤ感”を空気に溶かして届けてくれます。

まあ、聴いてみてよ。
最初のボーカルのワンフレーズでやられちゃうから。ムフフ。

気になるあの娘/相対性理論(2010年)
http://www.youtube.com/watch?v=ODysC7SM_Yk&feature
(動画なし)

相対性理論ジャケ写

相対性理論バンド写真


【お・ま・け】
ヒップホップの出現とともに、21世紀になってRockのパターンは出尽くしたと、あとはテクノロジーの新しさだけと言われています。同感です。
ただそれはRockの進歩が止まったわけではなく、過去のRockのパターンを道具として活かし、表現するテーマが問われる時代へと進化・移行したと言えます。
今回取り上げた相対性理論とか、他にも東京事変とか、アジカンとか、日本にもこれまで無かったテーマ、空気感の表現に挑戦しているバンドは数多くあります。
私の感性はもう枯れてきています。ですがチャレンジする日本のRockを聴き続けたいと思います。
懐かしのRockもノスタルジーとして楽しいのですが、そればっかりじゃあねえ。
スポンサーサイト



| 週刊木曜日私的音楽評 | 13:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「県大会の準優勝」!!!!

ってゆうフレーズに親近感がありますな。

音は、まあ「わりと普通」かな。

| フリーバード | 2010/09/09 23:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/994-856eb9e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT