市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【私的音楽評】NO,61 山口セレクト1 担当:ぐっち

20090609160437982s_20100511143417.jpg


あつは夏いねぇ~!こう毎日暑い日が続くと12月頃には、どんだけ暑くなちゃうのか、心配になってしまいます。
今日この頃。

ぐっちです。今回初めて、私的音楽評を書かせていただくことになりました。
ぐっちです。
何を評するのか、悩みましたが、夏!真っ最中!なので、「真夏に聴きたいアルバム」というテーマで選んでみました。

評します!私が今回選んだアルバムは

エリック クラプトン 461OCEAN BOULEVARD
fae3370dc07108e8.jpeg



このアルバムはエリックさんが1974年に発表しました。
聴いてみるとわかりますが、とてもゆるい、ゆったりした雰囲気が
アルバム全体に漂っております。

この「ゆるい感」が私にはどことなく夏を感じさせ、あたかも夏の日差しの中、浜辺でハンモックに揺られてるよな感じに、私はなってしまいます。
心地よかです。

レコーディング自体も、フロリダでレコーディングとのことなので、エリックさんも
心地よい気候の中、ゆったりした気分でレコーディングして、こんな雰囲気が出たのかな?なんて妄想してしまいます。

何が心地よいって、エリックさんのスライドギターの調べですよ。
それぞれ曲の随所にスライドギターが入っているのですが、
タイミングやら音色やら、心にしみこみますよ。

そして、このアルバムで画期的だったのが、エリックさんがいち早く、「レゲエ」を取り入れたのです。
5曲目のボブ マーリーの曲 I Shot The Sheriff をエリックさんが取り上げ、
レゲエというものを世間に知らしめて、この頃からレゲエが注目されるようになったとか。ボブ マーリーもこのアルバムから、世界的に注目されるように、なったと言われてます。



Eric Clapton - I Shot the Sheriff
http://www.youtube.com/watch?v=10qLYy6hiFQ&feature=search




そんな訳で、まだまだ暑い日が続きますが、暑い日にこそこのアルバムを聴いてゆったり、クールダウンしてみてはいかがでしょうか?優しい風に揺れる風鈴の音を聴くように、涼しくなるかもしれませんよ。
スポンサーサイト

| 週刊木曜日私的音楽評 | 12:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おお!名盤!

楽器の音が乾いているのに歌声はしっとりとして、
私も大好きです、このアルバム。

ところが、このアルバムが大嫌いという人もいます。
Rockにカウンターカルチャーの側面を望む方々です。
曰く「なまぬるい」と。
そのような方々はその後パンクロックに走りました。
メデタシメデタシ。70年代のハナシです。

あーあ、私、英語が分からなくて良かったです。

| 素潜り大将 | 2010/08/19 17:00 | URL | ≫ EDIT

ぐっちさー

Motherless Children

いい加減演ろうよー

| フリーバード | 2010/08/20 00:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/969-cabb13c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。