市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【私的音楽評】NO,58 五十嵐セレクト18 担当:五十嵐

20090609160437982s_20100511143417.jpg


前回に続いてコンピの話。

コンピものというと
㈰曲数が多い、㈪CD枚数が多い、㈫箱モノが多い、
というわけで、我が家のCD格納スペースを、結果として、圧迫する傾向にある。

さらに、最近の箱モノには、分厚いライナー、おまけのDVD、といったヴォリュームUP機能が搭載されているので、我が家2F西側の部屋の壁面がCDに浸食されつつある。

でも、意地でも昨今主流のダウンロードシステムには屈したくないんだな、これが。


“Last Soul Company MALACO, A Thirty-Year Retrospective”
The Last Soul Company Malaco, A Thirty Year Retrospective(変換後)
(6枚組で102曲)

高さが通常のCDボックスの倍以上、
厚みが約4cmという“ヤバイ”箱ながら、
さらに驚くのが110ページもあるライナーノーツで、
レーベルヒストリーはもとより、全楽曲やアーティストについてのコメントが愛情をこめて書かれている。

レーベル自体は1962年にミシシッピィに立ち上がっているのだけれど、絶好調だったのは
1980年前後と比較的最近?で、当時のディスコ全盛のスムーズ&おしゃれ路線とは、一線を画した
武骨で男らしい路線が、自分のようなひねくれ者指示された(本当か?)。

サザンソウルが好きな人もしくは、これからディープソウルの旅に出てみたい方にはオススメである。


Menmers Only / Bobby Blue Bland

(どうですか、これ。観客の中には、この曲が自分のパワーソング、って思っている人もいるかもしれない。)

http://www.youtube.com/watch?v=-XU5dxAAfzs&feature=related



“For A Decade Of Sin : 11 Years Of Bloodshot Records”
For a Decade of Sin 11 Years of Bloodshot Records(変換後)
(2枚組で全42曲)

最近のアメリカのインディーズ系のレーベルの中で最も好きなレーベルで、ソウルやブルースといったルーツ系の音楽と、ニューウェイブ系の音楽をうまくMIXできているところが良い。

Old 97s とか、The Bottle Rockets とか、
Richard Buckner とか、比較的最近CD買ったアーティストのうち何組かが、ここから出していたので、コンピを買ってみようと思って買ったら、とっても良かった。アタリだった、ということです。

このレーベルの良いところは、おそらく制作者とアーティストのベクトルがあっているところで、
そこからレーベルとしての統一感のある“音”が生まれるんだと思う。


Blood Sweat & Murder / Scott H.Biram
(この手のアーティストに、個人的には、
もっとYHにエントリーしてほしいです)

http://www.youtube.com/watch?v=KOEgtOXhcts



“20th Anniversary Collection : Green LinnetRecords”
20th Anniversary Green Linnet Collection(変換後)
(2枚組で39曲)

ここは、アメリカ南部に拠点を持つケルティック&アイリッシュ・トラッド系のアーティストを抱えるレーベルってゆー、ややこしい?レーベルです。

何回も言いますが、この手の音楽って日本人が苦手にするジャンルの一つらしく、自分がアマゾンで、ソウル・R&B系のコストパフォーマンスの高そうなCDを見つけると、結構な速さで売れてしまうのに、カントリー・ブルーグラス系のCDはずーっと残ってたりする。これって偏見かな。

いずれにしても、単調な2ビートにのっかって披露される名人芸の数々は、JAZZのそれに匹敵する、もしくは大道芸に相当する面白さがあると思うので、よければノックしてみてください。


Music for a Found Harmonium / Patric Street
(結構典型的なケルティックサウンド、でも明るい)

http://www.youtube.com/watch?v=8ycuA5qBuvs&feature=related



それじゃ、また!!
スポンサーサイト

| 週刊木曜日私的音楽評 | 12:18 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

フィドルがイイ

Patric Streetが良いね
最近フィドルの音が好きでね。一回ハマルとイイ感じが分かってくる。

カントリー・ブルーグラス系の偏見つーのは、やはりあると思う。
何でしょうかね。

| 素潜り大将 | 2010/07/30 16:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/949-c40f083c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。