市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【私的音楽評】NO.52 ニシセレクト17 担当ニシトオル

20090609160437982s_20100511143417.jpg



時代は変わっても、ボブ・ディラン
8枚ボブディランジャケット


我らが突撃広報隊長のヒロシ君は誰にでも話しかてしまう特技がある。
逆に俺は見知らぬ人から話しかけられる事が多い。
駅前で道を尋ねられたり、飲み屋でうんちく話を聞かせられたり。

先日こんなことがあった。

TSUTAYAで発作的にボブ・ディランのCDを8枚借りて、レジを過ぎると見知らぬ七三分けのオッサンが近寄ってきた。
「あのう…」と。
新手の勧誘か?身構えていると
「来日ライブ、行かれましたか?」
「はあー??? えっ?もしかしてディランの?」
無視するか。それとも立ち止まるか。
半身で迷っていると、オッサンは一方的に3月にあったZeppTokyoの話しをはじめた。

行きずりの初対面で自己紹介なし。普通の大人の行動ではないよな。
でも分かるよ、オッサン。誰かに話したかったんだろ。
これもなにかの縁だ、ディラン“観戦記”に暫し付き合った。
だってさ、オッサンの目は少年のように輝いていたんだぜ。

しばらくして冷静さを取り戻した彼は照れくさそうに
「本当に突然、失礼しました」
「楽しかったですよ。でも話しかける時、勇気が要ったでしょ?」
「話しかけちゃいましたからね。お恥ずかしい」
白髪頭の狭い額に手をあてて、彼は心底恥ずかしがっていた。

別れ際に、俺はアークシップの名刺を差し出した。
「ロックの話しができますよ。よかったら連絡してくださいね」
彼は“大人”に戻って名刺を両手で受け取った。そのしぐさが妙におかしかった。

ご存じのように、ボブ・ディランはビートルズと並ぶほどの世界的なロックスターだ。
でも取っ付きにくいのか、日本の一般のリスナーには縁遠いようだ。
俺はそれが残念でならない。

「ボブ・ディランってどこがイイの?」
若い人にそう訊かれたら「メロディ」と答える。
まるで天から降ってきて、歌い継がれてきたようなメロディライン。
それはディランのぶっきらぼうな歌い方より、カバーバージョンの方が伝わりやすいかもしれない。
だから今回はあえて、フィルコリンズがカバーした「時代は変わる」を聴いて欲しいな。
賛美歌のように素敵なメロディなんだ。

フィルコリンズ「時代は変わる」
フィルコリンズ
http://www.youtube.com/watch?v=FgFyTTrGAVg&feature

そしてこちらが本家本元、ディランの「時代は変わる」

ボブディラン
ボブ・ディラン「時代は変わる」(The Times They Are A-Changin')
http://www.youtube.com/watch?v=7sUOPjJ2uQI
スポンサーサイト

| 週刊木曜日私的音楽評 | 10:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ディランのどこがいいか。

自分ならこう答えます。

最高のロックンロールライターだと。

| freebird | 2010/06/17 14:29 | URL |

やっぱり、声がいい。

| ayumi | 2010/06/18 03:24 | URL |

 
歌い方の節回し(字余り的な感じ)が独特。

ビートルズやストーンズは、しっかりメロディと歌詞を当て込んで入るのに対して、歌詞のメロディのあて方が、ディランにしか出来ない。

| 長谷川 | 2010/06/18 09:33 | URL | ≫ EDIT

あっ!!この曲知ってます。
ボブ・ディランはよく知らないけど、
この曲いいな~って思った記憶が…。
こんなタイトルだったんですね。

| スタッフまっしゅ♪ | 2010/06/18 16:59 | URL |

あとは、バンドピープルにとって
参考になるのはディランの間の取り方かも。

全然スクェアじゃないところ。

代表のコメントそのまま。

| フリーバード | 2010/06/19 00:05 | URL |

う~
この曲は知りませんでした。。

「風に吹かれて」はボブディランで合ってますでしょうか??

でもきっと聞けばわかる曲があるんだろうな。

もっといろいろ聞いてみようと思いました。

| スタッフなかむらゆうこ | 2010/06/19 00:20 | URL |

ボブディランは日本のフォークソングの人たちが
歌ってるので知りました。(まだ小学生だった)
当時はYouTubeどころか家庭用ビデオもなかったから
そう簡単には実物に触れることができなかったんだよね。

どうやって音楽を仕入れてたのか・・今思うと、不思議。

私が高校の頃には「風に吹かれて」やPPMの「パフ」が
音楽の教科書に載ってましたよ。

| aym | 2010/06/20 14:09 | URL |

いまだに
“風に吹かれて”で有名な、とか「フォークソングの神様」
とかの形容詞で語られるのが彼にとっても
一般のリスナーにとっても不幸だと思う。

腹の底から彼の音楽をみんな聞いてほしいです。

| フリーバード | 2010/06/23 23:34 | URL |

補足して言えば、
ディランとかストーンズとかマイルス・デイビス
のどこに自分が魅かれるかっていうと、
彼らが一流の“解釈者”だからです。

彼らは過去の自分の作品だろうと、他人の作品だろうと
気に入ったら自分のものに再構築してしまう。

どうしたら自分のものにできるかっていうことを
死に物狂い(?)で考えた結果、作品を今の自分に
フィットさせようとする。

その過程がすごいのです。

その辺の音楽的な執着心は見習いたいです。

もっともっとこのテーマであれば語りたいです。

| フリーバード | 2010/06/23 23:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/902-b7741a6c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。