FC2ブログ

市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【私的音楽評】NO,36 五十嵐セレクト12 担当:五十嵐

20090609160437982s_20090716164318.jpg

こんにちは

今回もカバーアルバムを取り上げます。
(たぶん最後)


Juke Box Music / Doug Sahm

Juke Box Music


テキサス出身のプレイヤー(1999年に死去)による、その名の通り昔アメリカ南部のジュークボックスに入っていたであろう曲ばかりを集めたアルバム。

とはいってもだれもが知っているような曲は収められてなくって、ちょいと古めのシブイR&Bを中心にチョイスされています。

出しているのが“Antone's”という南部の香りが漂うブルースレーベルというところも良い。



ところで自分の家にジュークボックスがあったらいいと思いませんか?


I Won't Cry / Johnny Adams (静止画)
(1曲目のオリジナルヴァージョン)
http://www.youtube.com/watch?v=_6wxGAbGmco



Heart Of Stone / 近藤房之助

Heart Of Stone


ゲストにJohn Zorn!!やら塩次伸二を迎えてPIT INNで行われたライブを収録したもの。(1990年の作品)

こっちは、The Rolling Stones やら John Lennonやら The War やらの有名な曲が結構入ってます。



実は昔この中の“Come See About Me”という曲をバンドでやることになって、しかたがなくて買ったアルバムなのだけれど、聴いているうちに房之助さんの“好きな音楽ってこれなんだよ”って気持ちが伝わってきて、そのうち何回も聴くようになった。

もっと年をとったらこんな感じのライブ演りたいです。


Come See About Me / Don Covay (静止画)
http://www.youtube.com/watch?v=kHJ5US4sRm0



Gonna Take A Miracle / Laura Nyro and Labelle

Gonna Take A Miracle


ニューヨーク出身のSSW(1997年に死去)によるブラックミュージックのカバー集。

おそらくこれまで自分が取り上げたカバーアルバムの中で最も有名なこのアルバムはこれまた有名なプロデューサーチームのGamble & Huff によって1971年に制作されました。


それまでどっちかというと、曲の途中でいきなりピッチを変えたり、難解な(自分はそう思うのですが...)
曲を書くイメージがあった彼女が、女性3人組コーラス?グループのLabelleと組んで比較的素直に好きな曲を取り上げた1枚。

アルバム全体のイメージや選曲含め、山下達郎の「On The Street Corner」シリーズと同胞であるといえます。


Monkey Time / Major Lance
(3曲目のオリジナルヴァージョン)
http://www.youtube.com/watch?v=xMRLrf4pNn4


それじゃ また!!
スポンサーサイト



| 週刊木曜日私的音楽評 | 10:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/808-c47af8ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT