FC2ブログ

市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【私的音楽評】NO,25 ニシセレクト8 担当:ニシトオル

20090609160437982s_20090716164318.jpg

クレージーケンバンド
CKB.jpg

今年横浜は開港150周年だった。いろいろあったネ….。

さて、横浜のミュージシャンといえば、誰を思い浮かべるだろう。

「やっぱり、ゆずだよねえ」
26才女性は友だちと顔を見合わせながら答えるかもしれない。

「我々の世代はもちろん美空ひばりさんですよ」
お孫さんの手をひいて74才の男性は微笑むかもしれない。

「オダさん。私は小田和正さんよ」
45才の主婦は玄関口でそう言うかもしれない。

どれもオーケー。横浜は音楽のメッカだからね。

51才の俺は、きっぱり
「それは、クレージーケンバンドだ!」

クレージーケンバンドの横山剣さんの美学をひとことで表すならば、
“半径25kmの美学”。
横浜本牧を真ん中に置いて、湾岸道路や工業地帯、ちょっとエッチなネオンの街、そこで出会ったダチやオンナ。そんな雑多で粋なヨコハマを歌ってくれる。

TDジャケ

今回紹介する「タイガー&ドラゴン」(2002年)の歌い出しはこうだ。
♪トンネル抜ければ海が見えるから♪
♪そのままドン突きの三笠公園で♪
もうこのフレーズで実写映像が頭に浮かぶ。
ハマのオトコはクルマを持つと、なぜだか国道16号を南下する。理由なんかナイ。DNAだ。そしてこの風景を実体験するんだよ。
三笠公園は横須賀市でしょ?などと学級委員的な事を言ってはイカン。“半径25kmの美学”だからいいのだ。
剣さんはちょっと猥雑なヨコハマを愛している。そこで過ごした日々と仲間を愛している。それが伝わるから俺はつい口ずさんでしまうのだ。

そこで思うのだが、ミュージシャンにはもっと自分が住んでいる街を歌ってほしい。半径5kmでも1kmでも身近な愛すべき小さな宇宙を歌にして聴かせてほしい。
「なんだかんだ言っても自分の街が好き」そんな愛と心意気はリスナーにホットに伝わるよ、きっと。

余談だが「タイガー&ドラゴン」を聴くならば、伊勢佐木町から吉田橋に向かった裏通りにあるBarKingがベスト。真っ赤な背もたれのスツールのカウンターBar。マスターはもちろんアロハシャツにリーゼント。でも優しい。

クレージーケンバンド「タイガー&ドラゴン」のリンク先は
http://www.youtube.com/watch?v=wN2cm9kQwOg
日本最高のソウルシンガー“和田アキコ”さんとのデュエットバージョン。
アッコさんと並んでちょっぴり緊張気味の剣さんも見ものです。
キメのポーズはもちろん↓だぜ。聴いてみてね。
CKB_TM.jpg
スポンサーサイト



| 週刊木曜日私的音楽評 | 11:01 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/748-b90c917a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT