FC2ブログ

市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【私的音楽評】NO.10 レピッシュ「LA-PPISCH」 担当:長谷川

20090609160437982s_20090716164318.jpg

【長谷川セレクトその4】 レピッシュ 「LA-PPISCH」
レピッシュ



しばしば良い作品に対して「その時代には早すぎた」という言葉が使われる。

死後、その作品が評価されたピカソのように。



音楽の世界においては、「誰もが知っているわけではなく、セールス的には振るわなかったが、メロディや歌詞が飛びぬけてよかったり、アレンジやフレーズ・おかずなどが格好よく、知っている人は知っている何年経っても色褪せないバンド」といったところにとどめておこう。


ある意味で、実はこの辺りにいるバンドが一番バンドらしいのかもしれないのではないだろうか?

セールスを気にしすぎず、自分たちの表現を追及し、その作品を愛してくれる人がいて、その人たちのおかげでプロとして生活できる収入もある・・・・


この追求の先にサザンやBOOWYのように伝説となるバンドがある、とすると、極端に売れるかそうでないかの境が存在し、この両極端の間にジャニーズのように消費される音楽群が存在していると
僕は思っている。



と、かなり話はそれたが、80年代においてその時代に早すぎたバンドがレピッシュです。

バンドをやっている人はみんな知っていたど、一般の人はほとんどしらなかったと思う。
さんまのまんまのエンディングテーマになった時は、それは驚いたものだった。


バンドは完全なスカバンドで、お客さんは四六時中飛び跳ねている状態になる。
かつて自分もみんなでジャンプして楽しんでいた・・・

歌詞がもうぶっ飛んでいます。ある意味、おとぎ話のようです。
でも、個人的に最もすきなのは、口ずさみたくなるようなベースラインなのです。

スカだから、当然ベースラインは特徴が出ますからね。


ベーシストには、是非聞いてほしいバンドです。



▼YOU TUBEでチェック!! 曲は「リックサック」
http://www.youtube.com/watch?v=5aAGLEIGOWA

▼YOU TUBEでチェック!! 曲は「ハーメルン」
http://www.youtube.com/watch?v=1dCCVhRtY4I
スポンサーサイト



| 週刊木曜日私的音楽評 | 12:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/469-b6aee95c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT