FC2ブログ

市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【私的音楽評】NO,8 五十嵐セレクト3 担当:五十嵐

20090609160437982s_20090716164318.jpg


㈰Famous Blue Raincoat / Jennifer Warnes

Famous Blue Raincoat

㈪All The King's Men / Scotty Moore & DJ Fontana

All The Kings Men

㈫Burning For Buddy / Various Artists

Burning For Buddy


僕が初めて人前で演奏したのは、高校2年生の時だった。

すでにいっぱしのリスナーだった(と思い込んでいた)僕は、まったくプレーヤー志向ではなかったのだが、高校2年生のあるとき自分と同じ穴の狢(むじな)2名に「バンド組んで文化祭に出よう。
おまえはドラムやって」と言われ、生まれて初めてドラムセットの前に座ったのだった。


その時は、不純な動機も、テクニカル信奉も、グルーブの追及も、なにもかもまるでなく、
ただ単に“音を出す”ことが面白くて毎日のように、阪東橋あたりの(通称)米屋スタジオに通っていた。


結局どんな曲を演ったかといえば、Roxy Musicや、The Meters、さらには“Dub”からRCサクセションという節操のないセレクションである。
今から思えば完全に入口を間違えたなって思う。



村上春樹がどこかで書いていたように腕を上げる(小説でも音楽でも)早道は、わかりやすく言えばだれかの模倣をすることだと自分も思う。


村上春樹自身がチャンドラーの模倣をしたように。
ゴッホが葛飾北斎の模倣をしたように。
Dreams Comes True がEarth,Wind&Fireの模倣を(おそらく)したように。


ただ難しいのは、さらなる向上心を満たすためには、“模倣”から“真のオリジナリティ”へと、化学変化を引き起こすことが不可欠だということである。


化学変化を引き起こすためには、無論“多様な材料”と“数多くの実験”が欠かせない、ということになるだろう。



(3枚のトリビュートアルバムについてのコメント)


㈰Leonard Cohen(♂)の曲をJennifer Warnes(♀)が再構成して歌い上げるといった見事な解釈がなされた名盤。
ジャケットで使われたバーバリーのコートもいい。


㈪Elvis Presleyのバックを務めたギタリストとドラマーが多くのゲスト(The Band, Jeff Beck,Keith Richards etc)を迎えて作ったアルバム

㈫世界一派手なドラマーといっても過言ではないBuddy Rich へのトリビュートアルバム。
Bill Brufordの参加にニヤリ。

スポンサーサイト



| 週刊木曜日私的音楽評 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/440-fbe5fc11

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT