市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【レポート】アジア交流音楽祭交流ステージ(アゼリア会場15日)

みなさん、こんにちは

事務局の五十嵐です。

「アジア交流音楽祭交流ステージ」
15日の「アゼリア会場」の模様は
アークシップイベント最多参加のひろし君が
お送りします!!

では、どうぞ!!


************************************************************************


最近、朝現場に入る前は必ず朝マックして行きます。
今回も、朝マックでございました。

どうも!
朝マックはソーセージマフィンで決まり!
ひろしです。
 
4/14・15に行われたアジア交流音楽祭。
15日のアゼリア会場のレポートを私ひろしがレポートします。

『日出る国』日本で行われたアジアの様々な音楽の交流祭。
今回はどんなステージがくりひろげられたのでしょうか。

ではライブレポート
レッツらGO!


アゼリア会場は交流ステージのメイン会場となっております。
ステージの特色として、他の会場に比べてステージが広いので、
舞踊の方が多く出演します。

なので、普段目にする事がない、
フィリピンやタイ、はたまたスリランカやバリなど
舞踊が見られます。

日本からは今年は『演歌』が入ってきました。
そして、沖縄のエイサーなどもありました。

普段、町中や、ストリート、またライブハウスなんかでは
『洋楽』『JPOP』が中心ですが、こういった舞踊や古典音楽なんかは
ほんとに町中で見る事ができません。
自分もいろいろ音楽イベントやってきましたが、
ここまで、多種多様、他民族な音楽が一日で集まるイベントは
なかなかないです。

今回の出演者は以下の方々です。

東京外国語大学フィリピン民族舞踊団

アゼリア会場1

菊地まどか

アゼリア会場2

スミリール

アゼリア会場3

スリランカ伝統 キャンディアンダンス研究所

アゼリア会場4

スカール・リリー

アゼリア会場7

JAPAN DANCE SCHOOL ~College JDS

アゼリア会場5

アゼリア会場6

チョムロム ナータシン タイ

アゼリア会場9

エイサーチーム 無弦鼓

アゼリア会場8

以上、アゼリア会場15日出演者です。

さて、当日のステージ模様ですが、
この会場はスタジオステージになっているので、
お披露目といったらちょっと言い方が変かもしれませんが、
来て頂いた方々にとってはとても見やすい、見栄えがあるステージになってます。

舞踊ですが、アジア各国の舞踊はお祭りや宗教的な物が多いです。
とくに最初なのですが、『お祈り』から入るものが多いです。

神聖な儀式って感じがありますね。

あと、どの舞踊もいわゆる洋楽ダンスに比べると派手なアクションはないのですが、
体力的に身体的に『すんごいぞこれ!』っと思わせる物があります。

それは、『姿勢』でございます。
どの舞踊も姿勢がすんごく良いのであります。

この辺が、一つ見所と言っても良いかもしれないです。

これが見てわかるととんでもない動きだってことが良く分かります。

終始、足の指を地面に付けないでいたり、
お尻をぐっと持ち上げて踊っていたりなど、
普段なにげに楽な姿勢を取りがちな今の現代人には、
良い刺激になるんじゃないでしょうか。

こういったところに面白さがあるような気がします。


さて、先にお話ししましたが、日本では今年は演歌がありました。

私、演歌は生で見る事・聴く事がなかったのですが、
よかったですね。

演歌って実は『ペンタトニックスケール』でなりたってるんですって。
知ってました?
この日、来ていたお客さんが言ってました。
(ペンタトニックを知らない方は調べてみて下さい)

へぇ~と思いながら聴いてたら、なんだか面白くなってきました。

あと着物が良いですよね。
日本の心っていうか『やっぱり日本』だなって感じが出てて素敵ですね。

それとエイサー。

和太鼓の音も迫力があるのですが、
その音に合わせて、ズバッとポーズを決める出演者の動きに
私見とれていました。

やっぱり格好良いですよね。
和太鼓の大きな音と大きな振り付けは。
見ていて爽快感があります。


アジア交流音楽祭、今年も2日間参加しましたが、
やはり良いなと思うのは、
様々な国の伝統と文化を体感出来る事ではないでしょうか。
普段日常でなかなか見れないから面白いってのもあるでしょうが、
それより、普段日常とちがった文化や伝統を見る事で
たとえば、自分も姿勢良くしてみようだとか、
たとえば、自分も自分の国の文化を趣味の範囲で知っていこうだとか、
ちょっとした刺激になるなと改めて思いました。

また来年、自国や他の国の文化に触れて刺激にして行きたいなと思いました。


来年も皆さん楽しみにしていて下さい。
スポンサーサイト

| イベントレポートとインタビュー | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/1596-c8e9c0a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。