市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【私的音楽評】NO,124 五十嵐セレクト35

20090609160437982s_20100511143417.jpg

(偉大なる Elvis !!)


Elvis Presley は1977年に亡くなったので
来年で没後35年になる。


1977年という年は自分が本格的にポピュラー音楽を
聴き始めた年で、その頃はパンクだのディスコだのが
幅をきかせていたため、生前の Elvis Presley はすでに過去の人であり、
自分も彼の音楽を耳にすることはなかった。


日本における彼の一般的なイメージは
どのようなものだろうか?


最も有名な曲は、おそらく“Love Me Tender”であり、
ラスベガス辺りで例の白いツナギの衣装を着て歌っている
ゴージャスなポピュラー歌手、というイメージかもしれない。


自分もしかりで、10代から40代半ばあたりまでは彼のことを敬遠しており、
ちゃんと聴くようになったのはここ数年のことである。


そんな偏見?を払拭すべく今年入手した、
各々4枚組の年代別(50年代、60年代、70年代)コンピレーション

01.jpg 02_20111219201539.jpg 03.jpg

(左上から)
「The King of Rock 'n' Roll: The Complete 50's Masters」
「From Nashville to Memphis: The Essential 60's Masters」
「Walk a Mile in My Shoes: The Essential 70's Masters」


という大河の様なアルバム群を聴くと、改めて彼はヴォーカリストとして、
また解釈者として(The Beatles, Frank Sinatra, Tony Joe White, Bob Dylan,
Simon&Garfunkel, 等の曲をカバーしている)20世紀最高の
音楽家の一人だと再認識できた。ごめんなさい!!という感じである。


個人的には60年代後半の作品が一番好きで、この辺の曲を聴くと、
彼が現代のアメリカン・ルーツ・ミュージックに影響を与えていることが良く分かる。
一言で言えばカントリーフレーバーをちりばめたロックンロールなのである。
そこに彼のルーツであるゴスペルやR&Bが顔を覗かせている…


下の60年代~70年代の円熟の楽曲群を是非聴いてみてくださいね!!
今一度「ロックンローラー エルビス・プレスリー」をご賞味下さい!!
今更ですが、本当に歌がうまいんだよねー。


Tiger Man

http://www.youtube.com/watch?v=sp5KVlk5Z6Y&feature=fvwrel

Wash My Hands In Muddy Water

http://www.youtube.com/watch?v=WjwurdcCw0w&feature=related
(リハの風景みたいですがギターが James Burton なので選んでみました)

Burning Love

http://www.youtube.com/watch?v=DcJac6OykfM



ねっ!! “Love Me Tender”だけじゃないって思ったでしょ!!



それじゃ、また!!
スポンサーサイト

| 週刊木曜日私的音楽評 | 10:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

さすがの選曲ですね。

時代を考えれば
プレスリーのすごさは
命がけで
白と黒の音楽の境目に挑戦したことではないかだろうか?

| ニシ | 2011/12/29 00:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/1524-6cdc8d00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。