市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【私的音楽評】NO.114 ニシセレクト32ブルーシャトー

私的音楽評バナー

母の記憶、歌の記憶

福岡に住む80才の母は老化による短期記憶障害者です。
そりゃ、脳も80年使っていれば疲れますわな。
つまり病気ではなく、老化障害なんです。
ちゃんと炊事洗濯掃除は出来るし、俳句も詠んだり元気です。

短期記憶障害は1分前の記憶が残らないので、こんなことがあります。
先日和菓子を手土産に帰省すると、和菓子の箱を開けて
「まあ、キレイ、美味しい」
キンツバをほおばってニコニコ笑っています。
そして3分後。和菓子の箱を見つけて
「これ、なあに?」
「俺のお土産だよ。開けてみなよ」
「まあ、キレイ、美味しそう」
再びキンツバをほおばってニコニコ笑います。
これを4回ほど繰り返して母の脳に
“これは息子のお土産の和菓子”が薄く記憶されます。
この繰り返しに慣れない頃は、こちらが疲れてしまいましたが、
最近は楽しんでいます。
だってね、母は和菓子一箱で4回感動を味わっているのです。
僕も喜ぶ母の顔を4回見ることができる。これはお得です。

年老いた父母ふたり暮らしの会話に支障が無いように
母は大学ノートのメモ帳を使っています。
今日あった出来事、かかってきた電話の内容、明日の予定
その都度自分でノートに書き、夕ご飯時に読み返します。
先日この読み返しをしている時にNHKラジオから
母の好きだったブルーシャトーが流れてきました。
「この歌、唄ったよねえ、あんたと」
母は43年前の歌にまつわる出来事を思い出していました。
そして“亨となつかしい歌を聴いた”とメモ帳に。

♪森と泉にかこまれた~♪
母が食器を洗いながら思い出の歌を口ずさんでいます。
こんどの手土産は
“昭和歌謡カセットテープ”にしようと決めました。

ブルーシャトー/ブルーコメッツ(1963年)
ブルーシャトー
いま聴いてみると、”桑田佳祐”的です。
http://www.youtube.com/watch?v=seHmVXcW5H0&feature
スポンサーサイト

| 週刊木曜日私的音楽評 | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/1458-29dc55a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。