市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【私的音楽評】No.90ニシセレクト26「いま生きているということ」

音楽評のバナー


いま生きているということ

谷川俊太郎_生きる

谷川俊太郎さんの詩『生きる』を知っていますか?

その詩はこんなふうにはじまります。

 生きているということ
 いま生きているということ
 それは….

これ、だれにでも書き出せます。
たとえば僕ならば、

 生きているということ
 いま生きているということ
 それは揚げたてのコロッケをほおばること
 それはカフェオレを飲む妻の横顔を眺めること

 生きているということ
 いま生きているということ
 それは来月の仕事の企画を練り上げること
 それは暖かいふとんの中で眠れること

 生きているということ
 いま生きているということ
 それは人間が助け合う姿に涙をこらえること
 それはバスで隣り合った赤ちゃんにウインクすること

ほらね、誰にでも書けちゃいます。稚拙だっていいんです。
そして書き出そうとする自分は
自分に問い掛けています。
幸せって何だろうかを。
生きるって何だろうかを。

『生きる』は1950年代に発表された作品です。
幾人かの作曲家が合唱曲としても発表しています。
また1976年にフォークソングの大御所小室等さんも、
谷川さんとのコラボレーション作品として歌っています

今回は、その曲を紹介します。
少し長い歌ですが、ぜひ聴いてみてください。
そして、
 生きているということ
 いま生きているということ
 それは….
その先をあなたなりに書いてみてくだい。今だからこそ。

小室等

小室等+谷川俊太郎『いま生きているということ』
http://www.youtube.com/watch?v=bkFz3tjUuDs&feature=player

谷川俊太郎『生きる』
http://www7.ocn.ne.jp/~mitsue/ikiru.html
スポンサーサイト

| 週刊木曜日私的音楽評 | 19:19 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Bob Dylan の "廃墟の街"に匹敵するスケールの大きさ。

寄せては返す大きな波…。

| フリーバード | 2011/03/25 22:03 | URL |

谷川さんの「生きる」
素晴らしいセレクトですね。
歌になっているのは知らなかったです。

「あなたの手のぬくみ」

この節が沁みるんです。
わたしの「生きる」には温度があるから。

| megumi | 2011/03/25 23:15 | URL |

「生きる」は
小学生の時に国語の教科書にあったと思います。

ずいぶん前に見たドラマの中で、
病気で亡くなってしまう男の子が
「生きる」を朗読していて
号泣した記憶があります。

谷川俊太郎さん、大好きです。

| 童夢 | 2011/04/05 12:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/1294-dd4baf66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。