市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【私的音楽評】No.74 ニシセレクト22 担当ニシトオル

20090609160437982s_20101118135407.jpg



シアワセは店の片隅のワゴンにある?


今回は“ひとのフンドシで”音楽評を書きます。

勤務先の私の机の右奥にはNさんが座っております。
本日の彼のファッションはピンクと黄緑が基調のようです。
彼曰く
「いいなあと思う服はだいたい店の片隅のワゴンにあるんだよね」
なるほど。
そーいうところで見つけるのね。
選ばれた服も幸せだと思います。

彼とは小学校からの間柄です。
考え方は正反対だし、好みも違うし、
だからこそ長い付き合いができるのでしょうね。
違うアンテナを持っている人は面白いのです。
だって、いろんな事を教えてくれます。

たとえば、音楽。

ポップになる前の矢野顕子さんとか、
まだ無名のRCサクセション。
そうそうゴンチチも彼から教えてもらいました。
これらのミュージシャンは今ではとてもメジャーですが、
教えられた頃はまだ無名なんです。
もっと言えば、CD屋さんがどこの戸棚に入れて良いか迷う、
そういうポジションだったのです。
そんな音楽を彼は教えてくれます。
まるで店の片隅のワゴンから探してくるように。

私を含めて多くの人は○○っぽいものに目が行きがちです。
整理しやすいもの、
聴きやすいもの、
人に説明しやすいもの。
でもね、それって面白みに欠ける気がします。
それよりも、
「わけがわからないけど面白い」の方が楽しい。
大げさに言っちゃえば、
生きるヨロコビが広がる、得した気分。

さて、Nさんが最近店の片隅のワゴンから見つけてきたのが
今回紹介する「栗コーダーカルテット」です。
よく会社のBGMで流れていたから、耳に残っていました。

ご縁があったのでしょう。
私、偶然ライブを観ちゃたのです。
多摩川の川原の“もみじ市”で。
青空の下、芝生の会場で。
「わけがわからないけど面白い」
素敵なライブでした。
Nさんに感謝。

栗コーダーカルテット

おじいさんの11ヶ月/栗コーダーカルテット
http://www.youtube.com/watch?v=6-9v_uBDdz4&feature
スポンサーサイト

| 週刊木曜日私的音楽評 | 13:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

でも、Nさんのフェバリットアルバムは
確か“Key Of Life”なんですよねー

不思議だ

| フリーバード | 2010/11/19 21:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/1208-a0009f13

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。