市民による市民のための音楽活動支援団体「NPO法人ARCSHIP」

「人」と「街」と「音楽」がもっとつながるための活動紹介をはじめ、神奈川県内の音楽・アートイベント情報をナビゲートします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【私的音楽評】NO,65 Donny Hathaway 「live」担当:長谷川

20090609160437982s_20100511143417.jpg

【Donny Hathaway (ダニーハザウェイ) 「live」 】

056.jpg


 僕の音楽評は、自分の高校から大学、バンドマン時代までどういう音楽と出会ったきたかを書いてきました。

で、一度まとめてみるとこんな感じ。



●中学生 ユーロビート、おにゃんこクラブ

●高校生 J-POP系バンド、ジャーマンメタル、ハードロック、メタル

●大学生 ファンク、ブルース

●バンドマン 6~70年代のバンド



ある程度音楽の幅も広がってきたけど、まだまだもっといろんな音楽を聴きたいと思っていた26~7歳くらいのバンドマン時代。


そこで、やっぱり先輩に何かお奨めのCD無いですか?と、聞いて教えてもらったのが、ダニーハザウェイのライブアルバム「live」


そう、ここでようやく「ソウル」が入って来たわけです。

普通ファンクからソウルにつながって行く気がしますが、僕の場合かなり遠回りして辿り着きました。


それもアレサフランクリンとかじゃなくダニーハザウェイですからね・・・




さて、このアルバムの感想ですが、演奏者の楽しげな感じやお客さんが一体になっている感じなどがとても伝わってきてCDなのに「映像」が勝手に想像できる臨場感というか奥行きを感じる素晴らしいライブ盤です。

全体を通して、良い意味で演奏者の肩の力が抜けているのを感じるので、ゆったり聴くことが出来る。
また、お客さんの声も良く聞こえるのも良いですね。You've got a friendの大合唱は感動ものです・・・


曲はジョンレノンやキャロルキング、マービンゲイなどの有名な曲をカバーしているので、聴きやすいです。



ちなみにですが、最後の曲ではメンバー紹介を兼ねたソロ回しがありますが、ウィリーウィークスのベースソロは本当に格好いい!!


新たな音楽ジャンルと出会えた素晴らしい1枚です。


まだ聴いたことのないバンドマンには是非聴いてもらいたい作品です。



▼You Tubeでチェック *全然Youtubeにアップされてない・・・
http://www.youtube.com/watch?v=YLUh70zp0LE&feature=related


スポンサーサイト

| 週刊木曜日私的音楽評 | 00:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こーいう臨場感がある
ライブ録音っていいよね。
すべて”ライン録り”は
味気ない。

| 素潜り大将 | 2010/09/17 11:04 | URL | ≫ EDIT

このアルバムのヴァージョンと
Roxy Music のヴァージョンの
“Jealous Guy”

どっちも好みの解釈。

オリジナルを超えてるかも。

| フリーバード | 2010/09/17 21:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://arcshipmusic.blog96.fc2.com/tb.php/1019-5c47c65c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。